2015年05月19日

古典フラのレッスンが始まります

Aloha mai kākou!

国分寺、越谷、恵比寿校すべての「現代フラ」クラスが「初〜中級クラス」に変わり、現代フラに加えて、古典フラも学べることになりました。

ハーラウ オ ケカマイカマルコアで学ぶ古典フラは、ほとんどがハワイ島プナ出身のフラマスター、ジョセフ・イララオレから伝えられたものです。

彼は、カメハメハ1世の血を引き、19世紀最後の偉大なチャンターと呼ばれた人物。ハワイ語辞書の編者として知られるメアリー・カヴェナ・プクイとその養女でハワイ学のマスターとして知られるアンティ・パット・ベーコンの親戚でもあり、この二人のフラの師でもありました。ハワイ文化における、二人の偉大な女性たちと同じフラを踊っていると思うと、本当に感慨深いものがあります。それこそが古典の醍醐味かもしれませんね。

最初に学ぶメレは、カラーカウア王をたたえる"Kāwika"です。このメレは、ハワイでも、最初に学ぶ古典ナンバーとして親しまれている曲。曲の最後の部分以外は、終始、カホロのステップが使われています。

シンプルな振り付けながら、各バースごとに進む方向が変わるので、気がぬけません。カホロというのは実はとても難しいステップです。きれいに踏めているかどうかが一目瞭然。でも、しっかりとカホロが踏めるようになると、本当に美しいフラなんです。

日頃からみっちりベーシックステップをがんばっている生徒たち。どんなKāwikaを見せてくれるのかな。とっても楽しみです。

古典を学んでみたい方、体験、見学できますのでお気軽にお問い合わせくださいね。
ayumialoha@gmail.com まで。

Mālama pono!
A K
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。